コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一松斎素翁 いっしょうさい そおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一松斎素翁 いっしょうさい-そおう

1798-1879 江戸後期-明治時代の華道家。
寛政10年生まれ。慈渓流10代栄松軒素行に師事し,11代をつぐ。法眼となり,一橋家につかえた。のち江戸浅草の各派合同花会の開催に尽力。明治3年招魂社(現靖国神社)の奉納花会を主催した。明治12年2月死去。82歳。武蔵(むさし)埼玉郡出身。本名は小山林左衛門。別号に素朝。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一松斎素翁の関連キーワード目黒道琢オファイトアラブ文学ゴヤ(年譜)泌尿器科豊賀検校専門図書館織田純一郎ドンケル=クルティウス変朽安山岩

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone