コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一松斎素翁 いっしょうさい そおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一松斎素翁 いっしょうさい-そおう

1798-1879 江戸後期-明治時代の華道家。
寛政10年生まれ。慈渓流10代栄松軒素行に師事し,11代をつぐ。法眼となり,一橋家につかえた。のち江戸浅草の各派合同花会の開催に尽力。明治3年招魂社(現靖国神社)の奉納花会を主催した。明治12年2月死去。82歳。武蔵(むさし)埼玉郡出身。本名は小山林左衛門。別号に素朝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一松斎素翁の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android