コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一橋家 ひとつばしけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一橋家
ひとつばしけ

江戸時代,御三卿の一つ。元文5 (1740) 年8代将軍徳川吉宗の子宗尹が江戸城一橋門内に興したのが始め。御三家に次いで,田安,清水両家とともに高い家柄で,石高 10万石。 11代将軍家斉,15代将軍慶喜はこの家から出た。明治になって伯爵

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

一橋家【ひとつばしけ】

徳川三卿の一。8代将軍徳川吉宗の四男宗尹(むねただ)を祖とする。1735年元服した宗尹は徳川の家号を許され,1741年江戸城一橋門内に屋敷を与えられた。一橋徳川の名称の由来となる。
→関連項目田安家徳川慶喜

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひとつばしけ【一橋家】

三卿の一つ。8代将軍徳川吉宗の四男宗尹(むねただ)を祖とし,1740年(元文5)江戸城一橋御門内に屋敷を与えられたところから一橋家と称した。高10万石。三卿は三家とともに将軍家の血統保持の役目をもち,一橋家からは2代治済の四男家斉が11代将軍となり,徳川斉昭の七男で一橋家を継いだ慶喜が15代将軍となった。【藤野 保】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一橋家
ひとつばしけ

御三卿(ごさんきょう)の一つ。8代将軍徳川吉宗(とくがわよしむね)四男宗尹(むねただ)を祖とする。宗尹は1735年(享保20)元服して徳川を名のり、40年(元文5)江戸城一橋門内に屋敷を与えられた。この屋敷を一橋屋形(やかた)と称したことから一橋家とよばれる。ついで1746年(延享3)には兄田安宗武(たやすむねたけ)とともに10万石の領地を給せられ、将軍の家族の一員として待遇された。以後治済(はるさだ)、斉敦(なりあつ)、斉礼(なりのり)、斉位(なりくら)、慶昌(よしまさ)、慶寿、昌丸(まさまる)、慶喜(よしのぶ)、茂栄(もちはる)と10代続いて維新を迎えた。2代治済の四男豊千代(とよちよ)は、11代将軍家斉(いえなり)となったため当家は一時幕府内で力をもった。また9代慶喜(水戸の徳川斉昭(なりあき)七男)は幕末14代将軍家茂(いえもち)の後見職として活躍、その死後15代将軍となった。なお、当家伝来の史料などは茨城県歴史館に寄贈されている。[上野秀治]
『辻達也編『新稿一橋徳川家記』(1983・続群書類従完成会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の一橋家の言及

【三卿】より

…徳川氏の直系一門のうち,田安,一橋,清水の3家を指す。田安家は8代将軍吉宗の次男宗武,一橋家は同四男宗尹(むねただ),清水家は9代将軍家重の次男重好を祖とし,それぞれ10万石を支給された。この3家の官は諸省の卿に任じられることを例としたところから,三卿と称した。…

※「一橋家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

一橋家の関連キーワード黒川嘉兵衛感和亭鬼武松廼屋露八平岡円四郎村山素行吉田国甫徳川茂徳一橋斉位一色須賀相沢石湖信夫槐軒小川椙太石川玄常加藤靱負梅沢西郊河辺一也畠山常操渋沢栄一一橋宗尹一橋慶昌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一橋家の関連情報