一百三十六地獄(読み)イッピャクサンジュウロクジゴク

デジタル大辞泉の解説

いっぴゃくさんじゅうろく‐じごく〔イツピヤクサンジフロクヂゴク〕【一百三十六地獄】

八大地獄と、それぞれに付属する16の小地獄とを合計した数の地獄。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぴゃくさんじゅうろくじごく【一百三十六地獄】

八大地獄と、それぞれに属する一六の小地獄一二八とを合わせていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっぴゃくさんじゅうろく‐じごく イッピャクサンジフロクヂゴク【一百三十六地獄】

〘名〙 仏語。寒地獄、熱地獄それぞれについて、八大地獄と、それに属する、各一六の小地獄計一二八地獄を合わせていう。
※浮世草子・元祿大平記(1702)二「百合若大臣の弓をもってたたきければ、一百三十六地獄(ヂゴク)のこるくまなくひびきわたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android