コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百合若大臣 ゆりわかだいじん

7件 の用語解説(百合若大臣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百合若大臣
ゆりわかだいじん

幸若舞の曲名。単に『大臣』ともいう。百合若説話に基づくものであるが,作者未詳。室町時代成立。百合若大臣は蒙古 (むくり) 討伐ののち家来別府のため玄界島置去りにされる。鷹 (たか) の緑丸が奥方の手紙を届けて連絡がついたが,鷹も死んだため,大臣は苦労を重ね漁船に救われて帰国,別府を討つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆりわかだいじん【百合若大臣】

幸若(こうわか)舞曲。2巻。作者未詳。室町時代に成立。観音の申し子百合若大臣の英雄譚(えいゆうたん)。蒙古(もうこ)を攻め降した百合若は、帰途無人島に置き去りにされるが、漂着した釣り人の舟で帰国し、悪臣を滅ぼす。説経節にも取り入れられ、のちに歌舞伎浄瑠璃などに脚色された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

百合若大臣【ゆりわかだいじん】

幸若舞曲,説経節浄瑠璃など,百合若物といわれる作品の主人公となる架空の英雄。弓の名手,百合若は夷狄(いてき)または鬼を退治するが無人島に置去りにされる。苦難ののち帰国し昔の愛馬を乗りこなしてみせ,奪われた領地と妻を取り返す。
→関連項目申し子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百合若大臣 ゆりわかだいじん

幸若舞(こうわかまい)曲,説経節,浄瑠璃(じょうるり)などの「百合若物」の主人公。
筑紫の国司となり命によって蒙古(もうこ)を攻め,凱旋(がいせん)の途中逆臣のため孤島におきざりにされる。のち神仏の加護で筑紫にかえることができ,鉄の大弓で復讐(ふくしゅう)をとげる。近松門左衛門の作品に浄瑠璃「百合若大臣野守鏡(のもりのかがみ)」がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆりわかだいじん【百合若大臣】

幸若(こうわか)舞曲や,その影響を受けた説経,浄瑠璃,歌舞伎など,百合若物と総称される作品の主人公として知られる架空の英雄。蒙古征討からの凱旋の途上,逆臣のため孤島に置き去りにされ,苦難の末に帰朝して復讐を遂げるというのが基本的な筋である。一連の百合若物では,技巧的で複雑な趣向が付加されながら改作が重ねられ,読み物として草子化されてもいる。幸若舞曲《百合若大臣》では,嵯峨帝のとき,左大臣公満が長谷寺,岡寺に祈誓して授かった観音の申し子であり,その英雄的ふるまいも神仏の加護に負うところが大きい。

ゆりわかだいじん【百合若大臣】

幸若(こうわか)舞曲の曲名。作者,成立年時未詳。天文6年(1537)の奥書を有する往来物《東勝寺鼠物語》の幸若舞曲の名寄せに曲名が掲げられている。上演記録の初見は,《言継卿記》天文20年(1551)の記事である。長谷観音の申し子百合若は,神仏の加護により蒙古(むくり)との合戦に勝った。凱旋の途中,玄界島に立ち寄り疲れをいやしたが,家臣別府兄弟が逆心を起こし,島に置き去りにされた。苦難の末,異形の身となって九州に帰着した百合若は,宇佐八幡に奉納されていた鉄の強弓を引くことで正体をあらわし,別府兄弟への復讐を遂げ,御台所ともども幸福に暮らし,日本の将軍と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆりわかだいじん【百合若大臣】

幸若舞の一。蒙古むくりの来寇らいこうに際し功のあった百合若大臣は、筑紫の国司となる。朝命で再び戦におもむき、その帰路逆臣により孤島にとり残されるが、故郷の妻の放った鷹に血書を託して無事を知らせる。やがて沖を通りかかった船に助けられて故郷に帰り、逆臣を罰する。説経にもとり入れられ、また、各地に説話として分布。のちに近松の「百合若大臣野守鏡」などに脚色された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の百合若大臣の言及

【百合若大臣】より

…一連の百合若物では,技巧的で複雑な趣向が付加されながら改作が重ねられ,読み物として草子化されてもいる。幸若舞曲《百合若大臣》では,嵯峨帝のとき,左大臣公満が長谷寺,岡寺に祈誓して授かった観音の申し子であり,その英雄的ふるまいも神仏の加護に負うところが大きい。神仏の加護による異国退治の話柄からは八幡信仰が想起されるが,幸若舞曲でも百合若の御台所が宇佐八幡へ願を立て,所願成就したと語られている。…

※「百合若大臣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百合若大臣の関連キーワード伊吹幸若舞桃井幸若丸敦盛鎌田幸若烏帽子折大頭流幸若舞入鹿元服曾我

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

百合若大臣の関連情報