コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一芸入社 いちげいにゅうしゃ

2件 の用語解説(一芸入社の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

一芸入社

企業が新卒社員の採用において、特定分野で実績を積んだ学生を積極的に評価する選考方式。評価対象となる分野は、スポーツ、社会貢献、学業、資格取得、起業など。物事に挑戦する意欲の高い、幅広い能力を持った人材の確保を目的に、富士通ソフトバンクなどの大手企業が導入している。2013年にはパナソニックが15年春入社の新卒採用一芸入社方式を取り入れると発表し、話題を呼んだ。

(2013-12-18)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いちげい‐にゅうしゃ〔‐ニフシヤ〕【一芸入社】

企業が社員の採用にあたって、スポーツ・芸能・社会貢献・起業など特定の分野で実績を評価して選考を行うこと。→一芸入試

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一芸入社の関連キーワードキャリア採用経験者採用新卒採用新卒リクルーター制企業内大学ホワイト企業採用実績校企業向け生命保険確定拠出型の企業年金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一芸入社の関連情報