コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一芸入社 いちげいにゅうしゃ

知恵蔵miniの解説

一芸入社

企業が新卒社員の採用において、特定分野で実績を積んだ学生を積極的に評価する選考方式。評価対象となる分野は、スポーツ、社会貢献、学業、資格取得、起業など。物事に挑戦する意欲の高い、幅広い能力を持った人材の確保を目的に、富士通ソフトバンクなどの大手企業が導入している。2013年にはパナソニックが15年春入社の新卒採用で一芸入社方式を取り入れると発表し、話題を呼んだ。

(2013-12-18)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

いちげい‐にゅうしゃ〔‐ニフシヤ〕【一芸入社】

企業が社員の採用にあたって、スポーツ・芸能・社会貢献・起業など特定の分野で実績を評価して選考を行うこと。→一芸入試

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android