起業(読み)キギョウ

デジタル大辞泉「起業」の解説

き‐ぎょう〔‐ゲフ〕【起業】

[名](スル)新しく事業を始めること。「起業公債」
[用法]起業・創業――「創業」「起業」ともに古くからあり、味の違いはない。ただ、「ベンチャー起業」のように「従来にない新種の事業を起こす」意に使うのは最近である。また、「創業家」「創業記念日」のような使い方は「起業」には見られない。「起業家」という場合には、新事業を起こした人の意のほかに、新事業を起こす専門家という意もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「起業」の解説

き‐ぎょう ‥ゲフ【起業】

〘名〙 新しく、ある事業を起こすこと。事業を始めること。創業。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「瑞典の引火籤(マッチュ)は、近年に起業して、甚だ盛なるものたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android