一覧後定期払い(読み)イチランゴテイキバライ

デジタル大辞泉の解説

いちらんご‐ていきばらい〔‐テイキばらひ〕【一覧後定期払い】

手形の支払い方法の一。手形支払人に呈示された日から、手形に記載された期間を経過した日を支払い期日とするもの。「一覧後三〇日払い」などと手形に表示される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちらんごていきばらい【一覧後定期払い】

所持人が手形を呈示した日を基準とし、手形に記載された期間の経過した日を満期として支払いをすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android