一調鼓(読み)いっちょうつづみ

  • いっちょうつづみ イッテウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 鼓(大鼓または小鼓)一丁で謡曲の独吟を囃(はや)すこと。
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)二「小鼓(こつつみ)をめされ、爰はそれがしが一挺鼓(イッテウツヅミ)にて此公事を聞べし。今の先をうたへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android