コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一韻到底 イチイントウテイ

2件 の用語解説(一韻到底の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちいん‐とうてい〔イチヰンタウテイ〕【一韻到底】

中国の古詩の押韻のしかた。途中で換韻(かんいん)せず、始めから終わりまで同じ韻を踏むこと。→換韻

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いちいんとうてい【一韻到底】

漢詩の押韻の一法。古詩で、初めから終わりまで一つの韻で通すこと。 ↔ 換韻

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一韻到底の言及

【五言詩】より

…押韻・平仄(ひようそく)・対句および句数(偶数句)によって,古体の五言古詩と,今(近)体の五言律詩・五言排律・五言絶句に分類される。律詩は8句,排律は10句以上,絶句は4句より成り,平仄に規定があり,同じ韻をふまねばならず(一韻到底という),律詩・排律は中で対句を用いる必要があるが,古詩は句数が一定せず,平仄に規定がなく,押韻も途中で換韻することが可能である。 中国最古の詩集《詩経》が四言形式を原則としたのは,リズムの基礎をなす2字を積み重ねた4字句が,単音節語という中国語の基本性格に基づくものであり,4字句がもつ安定感が平衡を貴ぶ中国人に好まれたためである。…

【七言詩】より

…また10句以上の律詩は〈七言排律〉と呼びうるが,杜甫に4首あるほかはほとんど類例を見ない。律詩は8句,絶句は4句より成り,平仄に規定があって,同じ韻をふむ必要があり(一韻到底という),律詩は詩中で対句を用いることが要求されるが,古詩は句数(奇数句も可能),平仄に規定がなく,押韻も途中で換韻が可能である。また初期の七言古詩は毎句押韻が普通で,隔句押韻形式をとるのは,劉宋の鮑照(ほうしよう)(414‐466)の〈擬行路難〉以後とされている。…

※「一韻到底」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一韻到底の関連キーワード五言詩古詩紀古体詩律詩換韻雑言古詩詩格七言古詩無韻の詩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone