丁子香(読み)チョウジコウ

大辞林 第三版の解説

ちょうじこう【丁子香】

丁子の蕾つぼみで作った香料。丁香。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょうじ‐こう チャウジカウ【丁子香】

〘名〙
丁子のつぼみから作った料。
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「丁字香八十四両」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の丁子香の言及

【丁子油】より

…クローブ油ともいう。モルッカ諸島を原産とし,熱帯地方に広く分布するフトモモ科のチョウジのつぼみが緑から黄を経て紅色になったころに採取・乾燥したもの(丁子,丁香,丁子香という)を水蒸気蒸留して得た油。主成分はオイゲノール(85~92%),アセチルオイゲノールアセタート(2~13%)で,そのほかセスキテルペン,カリオフィレン,ケトン類を含む。…

※「丁子香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android