コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁子/丁字 チョウジ

2件 の用語解説(丁子/丁字の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐じ〔チヤウ‐〕【丁子/丁字】

フトモモ科の常緑高木。芳香があり、葉は楕円形で両端がとがる。筒状の花が房状に集まってつき、つぼみは淡緑色から淡紅色になり、開花すると花びらは落ちる。つぼみを乾燥したものを生薬や香辛料にし、また油をとる。モルッカ諸島の原産で、東南アジアアフリカなどで栽培。クローブ
丁子油」「丁子頭(がしら)」「丁子香」「丁子染め」などの略。
紋所の名。1の実をかたどったもの。
刀剣の刃文の一。乱れ刃の一種で、チョウジの実を並べたような形状のもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ちょうじ【丁子】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。丁香(ちょうこう)、クローブともいう。フトモモ科チョウジのつぼみを乾燥したもの。殺菌強壮胃液の分泌を盛んにするなどの作用がある。打撲捻挫(ねんざ)などの腫(は)れや痛みをおさえる治打撲一方(ぢだぼくいっぽう)更年期障害月経不順、産前産後の神経症に効く女神散(にょしんさん)、しゃっくりを止める柿蔕湯(していとう)などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丁子/丁字の関連キーワードグアバユーカリフェイジョアカヤプテ蒲桃山桃ユーカリの木チョウジニクズクヤマモモ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone