コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁字色 ちょうじいろ

1件 の用語解説(丁字色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

ちょうじいろ【丁字色】

色名の一つ。フトモモ科チョウジを用いた染色の色で、やや薄い茶色。モルッカ諸島原産のチョウジの蕾つぼみが平安貴族の染色に用いられ、丁字染と呼ばれた。また、チョウジは香木でもあることから、丁字染で丁字色よりも少し薄い色を香色こういろ、さらに薄くすると薄香、やや赤みを加えると赤香色と呼ばれる。高価な染料であったたため、江戸時代になるとほかの染料を使って丁字色とすることもあったという。丁字は生薬しょうやく香辛料としても知られる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丁字色の関連キーワードユーカリ油大腿丁子風炉長承太股蒲桃丁子丁子染チョウジピタンガ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丁字色の関連情報