コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤香色 あかごういろ

1件 の用語解説(赤香色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

あかごういろ【赤香色】

色名の一つ。やや茶色がかった薄いだいだい丁字染めの一種で、黄色みを帯びた薄茶色を丁字色といい、赤香色はそれよりもみがかっている。丁字色を薄くしたのがこうで、丁字色や香色の布地は僧衣に用いられ、平安時代は非常に高価であった。赤香色はそれに手を加え、染め方によって赤みを増したもの。伝統色名の一つ。丁字は生薬しょうやく香辛料として知られるが、かぐわしい香りのする香木でもある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤香色の関連キーワード亜麻色白茶砂色橙色トープ鳩羽色藍海松茶浅葱岩井茶霞色

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone