コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七仏通戒偈 しちぶつつうかいげ

2件 の用語解説(七仏通戒偈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七仏通戒偈
しちぶつつうかいげ

過去七仏がともに守り続けてきた戒めの。短い詩であるが,このうちに仏教のすべての教えが含まれるとされるほど重要なもの。「諸悪莫作,衆善奉行,自浄其意,是諸仏教 (あらゆる悪をなさず,もろもろの善を実行し,みずからその心を清らかにすること,これこそ諸仏の教えである) 」という意味の詩。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しちぶつつうかい‐げ【七仏通戒×偈】

七仏通戒の偈

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七仏通戒偈の関連キーワード過去七仏七仏迦葉仏拘留孫仏七仏通戒の偈筒守り乗り続ける・乗続ける肌守り潜伏キリシタンメレリオ・ディ・メレー