コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七仏通戒偈 しちぶつつうかいげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七仏通戒偈
しちぶつつうかいげ

過去七仏がともに守り続けてきた戒め。短い詩であるが,このうちに仏教のすべての教えが含まれるとされるほど重要なもの。「諸悪莫作,衆善奉行,自浄其意,是諸仏教 (あらゆる悪をなさず,もろもろの善を実行し,みずからその心を清らかにすること,これこそ諸仏の教えである) 」という意味の詩。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android