(読み)げ(英語表記)gāthā

  • ×偈

デジタル大辞泉の解説

《〈〉gāthāの音写。偈佗(げだ)・伽陀(かだ)とも音写。句・(じゅ)・諷頌(ふじゅ)などと訳す》仏語。経典中で、詩句の形式をとり、教理菩薩(ぼさつ)をほめたたえた言葉。4字、5字または7字をもって1句とし、4句から成るものが多い。頌。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

サンスクリットのqāthāを音訳して偈陀(げた)・伽陀(かだ),意訳して偈頌(げじゆ),して頌という。韻文で1句が五言,または七言で表現され,4句をもって一偈とするが,とくに長いものは重頌と称する。詩と同形であるが,その題材が仏教的であることを特色とする。禅宗では,禅僧が師家の啓発によって開したとき,その悟の心境を偈頌の形式をもって表現する。はやくは僧璨(そうさん)の《信心銘(しんじんめい)》,石頭希遷(せきとうきせん)の《参同契(さんどうかい)》など中国唐代のにみとめられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

gāthā の音訳偈陀げだの略
経文で、仏徳をたたえ、または教理を説く詩。多く四句からなる。「諸行無常、是生滅法、生滅滅已、寂滅為楽」の類。偈頌げじゆ。伽陀。頌文。
禅宗で、悟りの境地などの宗教的内容を表現する漢詩。偈頌。詩偈。頌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏典における詩のこと。サンスクリットガーターgthの音写の省略形。正しくは伽陀(かだ)と音写し、漢語では頌(じゅ)あるいは讃(さん)とも翻訳される。古来インド人は詩を好む民族であるが、仏典においても、詩句でもって思想・感情を表現したものがすこぶる多い。これが漢語では、三言四言あるいは五言などの4句よりなる詩句で訳出される。たとえば、七仏通戒偈(しちぶつつうかいげ)「諸悪莫作(しょあくまくさ) 諸善(しょぜん)(衆善)奉行(ぶぎょう) 自浄其意(じじょうごい) 是諸仏教(ぜしょぶっきょう)」とか、無常偈「諸行無常(しょぎょうむじょう) 是生滅法(ぜしょうめつほう) 生滅滅已(しょうめつめつい) 寂滅為楽(じゃくめついらく)」とか、法身偈(ほっしんげ)「諸法従縁生(しょほうじゅうえんしょう) 如来説是因(にょらいせつぜいん) 是法従縁滅(ぜほうじゅうえんめつ) 是大沙門説(ぜだいしゃもんせつ)」などは、仏教の根本思想を簡潔に表現したものとして有名である。[高橋 壯]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (gāthā の音訳) 仏語。経典中で、詩句の形式をとり、仏徳の賛嘆や教理を述べたもの。四句から成るものが多いところから、単に四句ともいう。狭義には原始経典を分類した九分教・十二分教などの一つをさすが、広義には経の本文を重ねて韻文で説いた祇夜(ぎや)や、偈頌でない散文でも字数が三二字を一節とする首盧迦(しゅろか)なども意味する。伽陀(かだ)。偈他。諷誦(ふじゅ)。偈頌(げじゅ)。頌。偈陀。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「第一有五行偈、正歎常住真実、願為帰依

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

偈の関連情報