コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過去七仏 かこしちぶつ

5件 の用語解説(過去七仏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過去七仏
かこしちぶつ

釈尊以前に出現した7人の仏のこと。七仏ともいう。それらは毘婆尸 (びばし) 仏,尸棄 (しき) 仏,毘舎浮 (びしゃふ) 仏,拘留孫 (くるそん) 仏,拘那含牟尼 (くなごんむに) 仏,迦葉仏,釈迦牟尼仏である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かこ‐しちぶつ〔クワコ‐〕【過去七仏】

釈迦と、その以前にこの世に現れたという、毘婆尸(びばし)・尸棄(しき)・毘舎浮(びしゃぶ)・拘留孫(くるそん)・拘那含牟尼(くなごんむに)・迦葉(かしょう)の六仏。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かこしちぶつ【過去七仏】

過去に出現した七人の仏。その一人釈迦は真理を悟った人(仏)の一人にすぎないということが含意される。過去七仏の思想は仏教史の早期から現れているが,釈迦以前の六仏についてはその実在性が明らかでなく,伝記も釈迦のそれと同工異曲である。七仏のそれぞれに独自の道場樹(菩提樹)がある。七仏の名と道場樹を仏の出現順に示すと次のようになる。毘娑尸(びばし)Vipaśyin・パータリ樹,尸棄(しき)Śikhin・プンダリーカ樹,毘舎浮(びしやぶ)Viśvabhū・サーラ樹,俱留孫(くるそん)Krakucchanda・シリーシャ樹,俱那含牟尼(くなごんむに)Kanakamuni・ウドゥンバラ樹,迦葉(かしよう)Kāśyapa・グローダ樹,釈迦牟尼Śākyamuni・ピッパラ(アシュバッタ)樹。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かこしちぶつ【過去七仏】

〘仏〙 釈迦牟尼むにとそれ以前に現れたといわれる毘婆尸びばし・尸棄しき・毘舎浮びしやぶ・拘留孫くるそん・拘那含牟尼くながんむに・迦葉かしようの諸仏の総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過去七仏
かこしちぶつ

かつてこの世に現れたといわれる七仏。毘婆尸仏(びばしぶつ)、尸棄仏(しきぶつ)、毘舎浮仏(びしゃぶぶつ)、拘留孫仏(くるそんぶつ)、拘那含牟尼仏(くなごんむにぶつ)、迦葉仏(かしょうぶつ)、釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)の七仏をいう。このうち初めの三仏は、過去の住劫(じゅうごう)(荘厳劫(しょうごんごう))の末に出世し、それ以下の四仏は、現在の住劫(賢劫(げんごう))に出世したといわれる。[高橋 壯]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過去七仏の関連キーワード根本仏教七祖迦葉仏釈迦八相釈迦牟尼半過去七人張り燃灯仏後の仏『デカメロン』

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone