コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過去七仏 かこしちぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過去七仏
かこしちぶつ

釈尊以前に出現した7人の仏のこと。七仏ともいう。それらは毘婆尸 (びばし) 仏,尸棄 (しき) 仏,毘舎浮 (びしゃふ) 仏,拘留孫 (くるそん) 仏,拘那含牟尼 (くなごんむに) 仏,迦葉仏釈迦牟尼仏である。これらの仏陀釈尊の戒めとして共通して受持していたのが,「諸悪莫作,衆善奉行,自浄其意,是諸仏教」という偈戒で,七仏通戒偈として現在も仏教徒に読誦されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かこしちぶつ【過去七仏】

過去に出現した七人の仏。その一人釈迦は真理を悟った人(仏)の一人にすぎないということが含意される。過去七仏の思想は仏教史の早期から現れているが,釈迦以前の六仏についてはその実在性が明らかでなく,伝記も釈迦のそれと同工異曲である。七仏のそれぞれに独自の道場樹(菩提樹)がある。七仏の名と道場樹を仏の出現順に示すと次のようになる。毘娑尸(びばし)Vipaśyin・パータリ樹,尸棄(しき)Śikhin・プンダリーカ樹,毘舎浮(びしやぶ)Viśvabhū・サーラ樹,俱留孫(くるそん)Krakucchanda・シリーシャ樹,俱那含牟尼(くなごんむに)Kanakamuni・ウドゥンバラ樹,迦葉(かしよう)Kāśyapa・グローダ樹,釈迦牟尼Śākyamuni・ピッパラ(アシュバッタ)樹。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かこしちぶつ【過去七仏】

〘仏〙 釈迦牟尼むにとそれ以前に現れたといわれる毘婆尸びばし・尸棄しき・毘舎浮びしやぶ・拘留孫くるそん・拘那含牟尼くながんむに・迦葉かしようの諸仏の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過去七仏
かこしちぶつ

かつてこの世に現れたといわれる七仏。毘婆尸仏(びばしぶつ)、尸棄仏(しきぶつ)、毘舎浮仏(びしゃぶぶつ)、拘留孫仏(くるそんぶつ)、拘那含牟尼仏(くなごんむにぶつ)、迦葉仏(かしょうぶつ)、釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)の七仏をいう。このうち初めの三仏は、過去の住劫(じゅうごう)(荘厳劫(しょうごんごう))の末に出世し、それ以下の四仏は、現在の住劫(賢劫(げんごう))に出世したといわれる。[高橋 壯]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

過去七仏の関連キーワード七仏通戒の偈景徳伝灯録拘留孫仏祖堂集伝灯録

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android