七郎(読み)しちろう

  • しちろう ‥ラウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 七番目に生まれた男子。七男(しちなん)
※多武峰少将物語(10C中)「七郎ぎみ、禅師の君に聞え給ふ」
※俳諧・本朝文選(1706)三・賦類・鼠賦〈去来〉「どこの乙子を七郎と申す。新左衛門とつけるは、さかやきすりての後なるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七郎の関連情報