コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多武峰少将物語 とうのみねしょうしょうものがたり

4件 の用語解説(多武峰少将物語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多武峰少将物語
とうのみねしょうしょうものがたり

平安時代の日記文学。『高光日記』ともいう。作者,成立年未詳。1冊。藤原師輔の8男で歌人の高光 (940頃~994) が応和1 (961) 年に妻子を捨てて出家した前後のことを贈答歌を中心に記したもので,作者は近侍した女房かといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうのみねしょうしょうものがたり〔たふのみねセウシヤウものがたり〕【多武峰少将物語】

平安中期の物語。1巻。作者未詳。応和(961~964)初年ごろ成立か。藤原師輔(ふじわらのもろすけ)の八男高光が出家して多武峰に草庵を結ぶまでの経緯を、和歌を交えて描いたもの。高光日記。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうのみねしょうしょうものがたり【多武峰少将物語】

物語。10世紀後半に成立。右大臣藤原師輔の八男右少将藤原高光は961年(応和1)比叡山で出家し,後に大和の多武峰にこもったが,その出家前後から翌年5月ころまでのことを高光の妻と妹(愛宮(あいみや))の悲嘆を中心につづったもの。歌物語的家集ともいうべき形態の作品で,日記文学としても注目される。作者は高光,妻,妹らのいずれかの乳母,あるいは近侍した女房でもあろうか。なお,その書名の伝えられる《高光日記》と同じものかどうか説が分かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうのみねしょうしょうものがたり【多武峰少将物語】

平安時代の物語。一巻。作者未詳。962年頃成立か。少将藤原高光が突然出家して多武峰に草庵を結ぶまでのいきさつと、残された妻子・兄弟の悲嘆を歌を多く交えて描く。高光日記。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の多武峰少将物語の言及

【藤原高光】より

…《高光集》がある。《多武峰少将物語》は出家前後における近親者の悲嘆を中心にまとめた歌物語である。【秋山 虔】。…

※「多武峰少将物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone