コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万有内在神論 ばんゆうないざいしんろん

2件 の用語解説(万有内在神論の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ばんゆうないざいしんろん【万有内在神論】

神に関する考え方の一。神を世界の外部に超越的に措定する有神論・理神論や、神が世界に一体化し世界に解消される傾向のある汎神論に対して、神は世界を貫くがその中に解消されえない、世界は神によって包括統一されている、とする論。万有在神論。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万有内在神論
ばんゆうないざいしんろん

世界内在神論」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万有内在神論の関連キーワード神風や技神に入る鬼神に横道なし触らぬ神に祟りなし神に入る精神的内的霊的天使は神にあらず《精神について》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone