学説(読み)がくせつ

精選版 日本国語大辞典「学説」の解説

がく‐せつ【学説】

〘名〙 学問のある分野について、ある学者また学派によって主張されている考え方。
※めぐりあひ(1888‐89)〈二葉亭四迷訳〉二「大方、地質学者の『ウルガ』河岸の岩石集合の学説がもう可厭(うるさく)なって来たので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android