世界内在神論(読み)せかいないざいしんろん(英語表記)panentheismus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「世界内在神論」の解説

世界内在神論
せかいないざいしんろん
panentheismus

万有在神論ともいう。ドイツの哲学者 F.クラウゼ自説に与えた名称。神は世界に内在するが,世界よりも大きく,すぐれている。すなわち万有は神の内にある。有神論と汎神論との総合を,カントヘーゲルおよびシェリングの哲学の結合によって行なっている。プロチノスマルブランシュヒンドゥー教などに類似の考え方がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android