コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界内在神論 せかいないざいしんろんpanentheismus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界内在神論
せかいないざいしんろん
panentheismus

万有在神論ともいう。ドイツの哲学者 F.クラウゼが自説に与えた名称。神は世界に内在するが,世界よりも大きく,すぐれている。すなわち万有は神の内にある。有神論汎神論との総合を,カントヘーゲルおよびシェリングの哲学の結合によって行なっている。プロチノスマルブランシュヒンドゥー教などに類似の考え方がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone