コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万福寺鮮紅大長人参

1件 の用語解説(万福寺鮮紅大長人参の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

万福寺鮮紅大長人参

神奈川県川崎市の万福寺地区でかつて生産されていたニンジン。昭和初期に導入した東京の「滝野川にんじん」を選抜・育成した品種で、長さは1メートルほどにもなる長根種。色は芯まで紅く、正月料理などに用いられた。県外にも販売される特産品だったが、1970年代の宅地化進行により姿を消す。現在は保存会が県内の学校などと協力して栽培しているほか、福島県での生産もある。「万福寺にんじん」ともいう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万福寺鮮紅大長人参の関連キーワード万福寺にんじん神奈川県川崎市川崎区砂子神奈川県川崎市中原区市ノ坪神奈川県川崎市高津区梶ケ谷神奈川県川崎市川崎区神奈川県川崎市川崎区塩浜神奈川県川崎市川崎区本町神奈川県川崎市多摩区枡形神奈川県川崎市麻生区万福寺神奈川県川崎市川崎区港町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone