万福寺鮮紅大長人参

デジタル大辞泉プラスの解説

万福寺鮮紅大長人参

神奈川県川崎市の万福寺地区でかつて生産されていたニンジン。昭和初期に導入した東京の「滝野川にんじん」を選抜・育成した品種で、長さは1メートルほどにもなる長根種。色は芯まで紅く、正月料理などに用いられた。県外にも販売される特産品だったが、1970年代の宅地化進行により姿を消す。現在は保存会が県内の学校などと協力して栽培しているほか、福島県での生産もある。「万福寺にんじん」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android