滝野川にんじん

デジタル大辞泉プラスの解説

滝野川にんじん

ニンジンの品種のひとつ。色は鮮赤色で、大きなものでは1mほどにもなる。東京の滝野川村(現在の北区滝野川地区)で江戸時代から栽培が始まり、昭和20年代までは盛んに栽培されたが、その後衰退し、現在は保存会が地域の小中学校などと協力しながら保存につとめている。別称東京大長人参」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android