コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選抜 センバツ

デジタル大辞泉の解説

せん‐ばつ【選抜】

[名](スル)
多数の中から基準・目的に合ったものを選び抜くこと。「正選手を選抜する」
《多く「センバツ」と書く》「選抜高等学校野球大会」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんばつ【選抜】

( 名 ) スル
多くの中からよいもの、すぐれたものを選び出すこと。 「代表を-する」 「 -試験」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の選抜の言及

【淘汰】より

…生物学用語。選択,選抜ともいわれる。ある生物種の地域集団内には表現型において異なる個体がさまざまにあるのが普通であるが,そのような表現型の違いが,個体間に適応度,すなわち生存率および(または)繁殖率の差を生じさせることがある。…

※「選抜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

選抜の関連キーワードNHK杯テレビ囲碁トーナメント戦アドミッションオフィス選抜型経営幹部育成制度大学入試センター試験房州中生カリフラワーセレクションマッチ府内の公立高校入試DNAマーカー育種フィフティーンいわき一本太セレクションベンチ入り選に漏れる学校群制度集団育種法春の甲子園一芸入試ジンジ系改良信交ドラフト

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

選抜の関連情報