コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三つ葉 ミツバ

デジタル大辞泉の解説

みつ‐ば【三つ葉】

葉が3枚あること。また、そのもの。
セリ科の多年草。山野に自生し、高さ約50センチ。葉は3枚の小葉からなり、柄が長い。夏、とうが立ち白い小花を多数つける。香りがあり、若葉は食用。江戸中期から野菜として栽培され、糸ミツバ・根ミツバ・切りミツバなどが作られる。みつばぜり。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みつば【三つ葉】

三枚の葉。また、三枚に分かれた葉を出す草木。 「 -のクローバー」
セリ科の多年草。林中に自生し、野菜として栽培。葉は柄が長く、小葉三個からなる複葉。香りがよく、おひたしにしたり、吸い物などのあしらいとする。夏、白色の小花を多数開く。三葉芹ぜり[季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三つ葉の関連キーワード苧環蒸し・小田巻蒸し・苧環蒸・小田巻蒸セント・パトリックスデー聖パトリック・デーセント・パトリックトランプ(カード)松山城跡〈愛媛県〉光明寺(島根県)3月28日クローバー放射能標識七種蓋置ソコグツあしらいタラの丘アカグツ倶楽部三葉芹多年草三つ葵セリ科

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三つ葉の関連情報