若葉(読み)ワカバ

大辞林 第三版の解説

わかば【若葉】

芽を出して間もない葉。
特に、初夏の木々のみずみずしい葉。 [季] 夏。 《 -して御目の雫ぬぐはばや /芭蕉 》
若い人。子ども。 「中に-の喜之介が/浄瑠璃・嫗山姥」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

わか‐ば【若葉】

[1] 〘名〙
① 生え出て間もない草木の葉。芽出しの葉。《・夏》
※源氏(1001‐14頃)若菜上「わか葉さす野べのこ松を引つれてもとのいはねをいのるけふかな」
② (━する) 草木の新しい葉が生え出ること。《季・夏》
俳諧・笈の小文(1690‐91頃)「若葉して御めの雫ぬぐはばや」
③ 若い人、また、子どものたとえ。
浄瑠璃嫗山姥(1712頃)一「中にわかば喜之介が跡の季よりも角前がみ」
[2] 千葉市の行政区の一つ。平成四年(一九九二)成立。市中東部、鹿島川・都川の流域を占める。JR総武線、千葉都市モノレールが通じ住宅地化が進む。加曾利貝塚、動物公園などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

若葉の関連情報