三世一身(読み)さんぜいっしん

精選版 日本国語大辞典の解説

さんぜ‐いっしん【三世一身】

〘名〙 三世と一身。三世は、子・孫・曾孫または本人・子・孫の三世代。一身は、本人の一代。→三世一身の法
※続日本紀‐天平一五年(743)五月乙丑「如聞、墾田養老七年格、限満之後、依例収授、由是農夫怠倦、開地復荒。自今以後、任為私財、無三世一身、咸悉永年莫取」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android