コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三原城 みはらじょう

日本の城がわかる事典の解説

みはらじょう【三原城】

広島県三原市三原浦に浮かぶ大島、小島を基盤に築かれた平城(ひらじろ)。城跡の中心部は国指定史跡。櫓が32基、城門が14あり、城郭とともに軍港の機能も持っていた。満潮時に海に浮かんでいるように見えたところから、浮城(うきしろ)の別名があった。三原城は、1567年(天文10)から毛利元就(もうりもとなり)の三男小早川隆景(こばやかわたかかげ)によって築かれた。1595年(文禄4)隆景は、養子の秀秋(ひであき)(秀吉の甥)に領地の筑前を譲ると、三原城に戻り余生を過ごした。このころ城の修築に取りかかり、近世城郭として整備、また城下町の基礎をつくった。隆景没後、毛利氏が城を管理したが、関ヶ原の戦いののち福島正則の所領となった。1619年(元和5)以後浅野氏が入り、広島城の支城として幕末まで使用された。現在、城の周囲は埋め立てられ市街地となっているが、天守台の石垣とその周囲の内堀、本丸中門跡、舟入櫓(ふないりやぐら)跡の石垣などが残る。本丸跡はJR山陽新幹線・山陽本線の三原駅構内にあり、駅から直接行ける。◇浮城ともいう。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

世界大百科事典内の三原城の言及

【三原[市]】より

…古代山陽道の真良(しんら)駅は高坂町真良に比定される。高山城(現,本郷町)を居城としていた小早川氏が1567年(永禄10)に三原城を築いて以来,城下町として三原の町が発展する。1892年山陽鉄道(現,山陽本線)の開通にともなって糸崎に操車場が置かれ,また99年に糸崎港が特別輸出港に指定され,工業都市としての発展が約束された。…

※「三原城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三原城の関連キーワード広島県三原市館町広島県三原市小早川氏城跡宇都宮士竜小早川秀秋宇都宮竜山小早川隆景三原(市)三原[市]松野勇雄沼田竹渓石井豊洲浅野忠吉福島治重倉橋誠太香川多仲浅野忠敬浅野忠純大崎長行楢崎正員

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三原城の関連情報