余生(読み)よせい

精選版 日本国語大辞典「余生」の解説

よ‐せい【余生】

〘名〙 一生の残りのいのち。人生のさかりを過ぎた後の生涯。残年。余命
※日本往生極楽記(983‐987頃)善謝「梵福山裡。閑送」 〔謝霊運‐擬魏太子鄴中集詩・陳琳

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「余生」の解説

よ‐せい【余生】

盛りの時期を過ぎた残りの生涯。残された人生。「静かに余生を送る」「余生を楽しむ」
[類語]老い先末路老後晩年

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「余生」の解説

【余生】よせい

残年。後の人生。白居易廬山を祭る文〕(も)し秩滿ちてより以來(このかた)、以て自らぐることを得ば、餘生、老をふるまで、はくは斯(ここ)に託せん。今(しふこう)(建築)り、息方(まさ)に始まる。

字通「余」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android