余生(読み)よせい

精選版 日本国語大辞典「余生」の解説

よ‐せい【余生】

〘名〙 一生の残りのいのち。人生のさかりを過ぎた後の生涯。残年。余命
※日本往生極楽記(983‐987頃)善謝「梵福山裡。閑送余生」 〔謝霊運‐擬魏太子鄴中集詩・陳琳

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「余生」の解説

よ‐せい【余生】

盛りの時期を過ぎた残りの生涯。残された人生。「静かに余生を送る」「余生を楽しむ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android