コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三原物 ミハラモノ

デジタル大辞泉の解説

みはら‐もの【三原物】

備後(びんご)国三原の刀工、正家一派の鍛えた刀。鎌倉・南北朝期のものを古三原、室町前期のものを三原、後期のものを貝三原という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みはらもの【三原物】

備中国三原の刀工の鍛えた刀の総称。鎌倉末期の正家を祖とし室町末期に至る。貝かいに住んだ貝三原の遺品が多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone