三原(読み)みはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三原」の解説

三原
みはら

兵庫県南部南あわじ市東部の旧町域。淡路島の南部,淡路平野南部の三原平野にある。 1955年榎列村,八木村,市村,神代村の4村が合体して町制。 2005年町,西淡町,南淡町の3町と合体して南あわじ市となった。耕地率が高く,農業が盛ん。野菜栽培を主とし,淡路たまねぎの本場ほか牛乳の生産がある。中心集落の市は奈良時代,国府が置かれたところで,史跡の国分寺塔跡がある。重要無形民俗文化財淡路人形浄瑠璃の発祥地。四国街道 (国道 28号線) 沿いのマツ並木は天然記念物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「三原」の解説

みはら【三原】

広島県南東部の地名瀬戸内海に臨む。古来山陽道の要地で、小早川隆景三原城築城により城下町として発展繊維機械セメントなどの工業のほか、清酒を特産する工業都市。昭和一一年(一九三六市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三原」の解説

みはら【三原】

広島県南部、瀬戸内海に面する市。繊維・機械などの工業や商業が盛ん。小早川隆景の城下町となって発展。三原城跡広島空港がある。人口10.0万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android