三味書屋(読み)さんみしょおく

世界の観光地名がわかる事典の解説

さんみしょおく【三味書屋】

中国の浙江(せっこう)省の紹興(しょうこう)(シャオシン)市にある私塾跡。中国を代表する作家・魯迅(ろじん)(ルーシュン、1881~1936年)が、12歳から17歳まで学んだ学校である。魯迅の席は、部屋の東北の角にあり、魯迅が使用していた机が残っている。その机の右隅には「早」の文字が刻まれている。魯迅が遅刻をしたために、恩師の寿鏡吾(後の曙鏡湖)にひどく叱られたことがあり、自らを戒めるために彫ったものと伝えられている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android