コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東北 トウホク

デジタル大辞泉の解説

とう‐ほく【東北】

《古くは「とうぼく」か》東と北との中間の方角。北東。うしとら。
東北地方」の略。

とうぼく【東北】

謡曲。三番目物旅僧が都の東北院で梅を眺めていると、昔この梅を植えてめでていた和泉式部の霊が現れ、当時のようすを語る。

ひがし‐きた【東北】

東と北との中間の方角。とうほく。

トンペー【東北】

《「東北」の中国語読み》東北大学俗称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうほく【東北 Dōng běi】

中国の大地域の一つ。東北部にある遼寧吉林黒竜江3省の総称。かつて清王朝をつくった満州族の故地にあたるので,満州と呼ばれたこともある。清代には封禁の地とされ,漢族の入植を禁止していたが,ロシア帝国の東方への侵略が進展したため,辺防の必要から入植を認め,清末に至って上記3省を置いた。したがって本地域を東三省とも呼んだ。なお1949年の解放直後,当時置かれていた遼東,遼西,吉林,黒竜江,熱河,松江の6省と瀋陽,鞍山,本渓,撫順,旅大,長春,ハルビン(哈爾浜)7市を管轄する大行政区として東北区が置かれたが,54年廃止された。

とうぼく【東北】

能の曲名。三番目物鬘物(かつらもの)。作者不明。シテは和泉式部の霊。旅の僧(ワキ)が都に着き,東北院の梅を眺めていると,若い女(前ジテ)が現れ,この寺はもと中宮上東門院の御所で,そのころ仕えていた和泉式部が植えたのがこの梅だと教え,実は自分がこの花の主(あるじ)だといって姿を消す。僧が読経をしていると,和泉式部の霊(後ジテ)が生前の姿で現れ,昔,門前に車で来かかった関白藤原道長が車中で読経していた声を聞いて,〈門(かど)のほか法(のり)の車の音聞けばわれも火宅を出でにけるかな〉と詠んだことが思い出されると僧に話しかける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうほく【東北】

東と北との中間の方角。ひがしきた。北東。艮うしとら。 ↔ 西南
東北地方 」に同じ。
中国北東部の地区名。遼寧・吉林・黒竜江の三省からなる。トンペー。

とうぼく【東北】

能の一。三番目物。世阿弥作か。都へ上った旅僧が、東北院で軒端の梅を眺めていると、和泉式部の霊が現れ、梅花を愛した昔を語り、舞を舞って消える。軒端梅のきはのうめ

ひがしきた【東北】

東と北の中間の方角。とうほく。北東。艮うしとら

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の東北の言及

【中国】より

…そのうち外蒙古はロシア革命の波及によって1924年にモンゴル人民共和国として独立している。満州つまり今日いう〈東北〉も中華民国時代,日本の傀儡政権〈満州帝国〉が一時独立を称していたことがあるが,これは日本の敗戦によって消滅した。中華民国は台湾で独自に政権を立てているが,要するに政権の問題であって,大陸側も台湾側も台湾が中国の一部分,つまり台湾省にすぎないことは明言している。…

【満洲】より

…日本海軍の測量艦(排水量3510トン)。もとはイタリア,ジェノバの造船所で建造されたロシア軍艦。1924年より海洋観測,水路測量に用いられた。25‐26年に同艦艦長を務めた重松良一大佐は,海軍水路部での海洋観測を育てた人。赤道域にまで至る西太平洋の広域の観測に先鞭をつけた。グアム島南西の北緯11゜13′,東経142゜09.5′での〈満洲〉による重錘測深の結果,9818mを得,満洲海淵と命名。本艦では,音響測深をもいち早く取り入れ,測深を採水測温,底質調査とともに海洋調査の主体とする観測方法を確立し,測量艦,測量船による系統的な観測の基をつくった。…

※「東北」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東北の関連キーワード青森県上北郡東北町切左坂道ノ上青森県上北郡東北町上板橋家ノ後青森県上北郡東北町内蛯沢道ノ上青森県上北郡東北町切左坂道ノ下青森県上北郡東北町内蛯沢坂ノ下青森県上北郡東北町岩間手橋ノ上青森県上北郡東北町赤川橋ノ上青森県上北郡東北町萠出道ノ上青森県上北郡東北町赤川橋ノ下青森県上北郡東北町乙部橋ノ上青森県上北郡東北町沼添左ノ平青森県上北郡東北町萠出道ノ下青森県上北郡東北町内蛯沢道合青森県上北郡東北町乙部道ノ上青森県上北郡東北町乙部道ノ下青森県上北郡東北町大久保平青森県上北郡東北町往来ノ下青森県上北郡東北町家ノ下モ青森県上北郡東北町烏帽子山青森県上北郡東北町内蛯沢向

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東北の関連情報