三味線を弾く(読み)しゃみせんをひく

精選版 日本国語大辞典「三味線を弾く」の解説

しゃみせん【三味線】 を 弾(ひ)

相手の言うことに適当に調子を合わせて応対する。また、あらぬ事を言って、ごまかす。さみせんをひく。しゃみせん。さみせん。
※滑稽本・当世阿多福仮面(1780)「下女はよいかげんに三味(シャミ)せんひいて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三味線を弾く」の解説

三味(しゃみ)線を弾(ひ)・く

相手の言うのに調子を合わせて適当に応対する。また、事実でないことを言ってごまかす。「そらとぼけて―・く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android