下女(読み)ゲジョ

デジタル大辞泉の解説

げ‐じょ〔‐ヂヨ〕【下女】

雑事に召し使う女。女中。下婢(かひ)。⇔下男
身分の低い女。
「内より怪しげなる―一人出で合ひ」〈太平記・五〉

しも‐おなご〔‐をなご〕【下女】

しもおんな1」に同じ。

しも‐おんな〔‐をんな〕【下女】

召使いの女。げじょ。しもおなご。
身分の低い女官。下﨟(げろう)。
「―のきはは、さばかりうらやましきものはなし」〈・四七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げじょ【下女】

掃除・炊事など家庭内の雑用をするために雇われている女性。女中。 ⇔ 下男
身分の低い女。 「内より怪しげなる-一人出会ひ/太平記 5

しもおんな【下女】

召し使いの女。げじょ。
身分の低い女官。下級の女官。 「 -のきははさばかりうらやましきものはなし/枕草子 47

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げ‐じょ ‥ヂョ【下女】

〘名〙
① 身分の低い女。下賤の女。しもおんな
※袋草紙(1157‐59頃)上「上洛之時山崎辺において、下女の臼歌に唱之」
※太平記(14C後)五「内より怪しげなる下女(ゲジョ)一人出合ひ」
② 雑用に使われる召使いの女。下働きの女。はしため。下婢。しもおんな。〔文明本節用集(室町中)〕
※天草本伊曾保(1593)鶏と下女の事「アル イエノ アルジ ニニンノ guegiouo(ゲヂョヲ) ツカワレタガ」
③ 武士に仕え、家事を手伝い、主人の身の回りの世話をした女。女中。下女衆。
※浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)上「ここかしこに這隠(はいかく)れ下女がふしたる夜着(よぎ)の内」
④ 淫売女。女郎。
※御仕置例類集‐古類集・一・寛政一三年(1801)御渡「彼地え被差遣候御家人等、下女無之候ては、格別差支之訳も有之候はば」

しも‐おんな ‥をんな【下女】

〘名〙
① 位の低い女官。下臈(げろう)
※枕(10C終)四七「しも女の際(きは)は、さばかりうらやましきものはなし」
② (貴族から見て)身分の低い、庶民の女。下賤の女。
③ 雑用に使われる召使の女。女の召使。下女(げじょ)。女中。婢(ひ)
※国町の沙汰(1674)「年久しくめしつかひし、いちやとなんいふしも女をよび」

しも‐め【下女】

〘名〙
※能因本枕(10C終)一〇〇「受領などの家に、しもめなどの来て、なめげに物いひ」
下京に住む女。
※天正本狂言・女楽阿彌(室町末‐近世初)「宿と中なをり、もろともにたづねんとて、下めの本へ行」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の下女の言及

【下人】より

…しかし一方では譜代の下人が依然として残存し,江戸時代に入っても辺境の農山村を初め,庄屋,名主(なぬし)の下で駆使され続けた下人が少なくない。ただ一般的傾向としてはしだいに解放されて年季奉公人化し,それにつれて下人という呼称もすたれ,江戸末期には下男,下女と呼ばれるようになった。明治時代以降この下男,下女は,資本主義経済の下で賃金労働者としての性格をもつようになるが,人身売買のなごりは明治以後もなお根強く残存した。…

【奉公人】より

…1842年(天保13)ころに実際に支払われていた1ヵ年の給金は,足軽は金3両より6両くらいまで,中間は金2両2分より3両くらいまで,六尺は金6両2分より12,13両くらいまで,おなじく日雇銭は,徒士は銭272文より300文,足軽は銭148文より224文,六尺は銀2匁5分くらいより10匁くらいまでであった。【北原 章男】
【農村奉公人】
 近世農村の奉公人は一般に譜代,下人,下男,下女などと呼ばれていた。その雇用関係の内容は時期により,また地方により多種多様であるが,身分関係,契約形式,労働対価支払方式,雇用期間などをメルクマールにして譜代下人,質券奉公人,居消(いげし)奉公人(押切奉公人,居腐(いぐされ)奉公人),年季奉公人(年切奉公人),出替奉公人(一季奉公人),日割(ひわり)奉公人,季節雇,日雇などの諸類型に区分される。…

※「下女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下女の関連情報