コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下女 ゲジョ

デジタル大辞泉の解説

げ‐じょ〔‐ヂヨ〕【下女】

雑事に召し使う女。女中。下婢(かひ)。⇔下男
身分の低い女。
「内より怪しげなる―一人出で合ひ」〈太平記・五〉

しも‐おなご〔‐をなご〕【下女】

しもおんな1」に同じ。

しも‐おんな〔‐をんな〕【下女】

召使いの女。げじょ。しもおなご。
身分の低い女官。下﨟(げろう)。
「―のきはは、さばかりうらやましきものはなし」〈・四七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げじょ【下女】

掃除・炊事など家庭内の雑用をするために雇われている女性。女中。 ↔ 下男
身分の低い女。 「内より怪しげなる-一人出会ひ/太平記 5

しもおんな【下女】

召し使いの女。げじょ。
身分の低い女官。下級の女官。 「 -のきははさばかりうらやましきものはなし/枕草子 47

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の下女の言及

【下人】より

…しかし一方では譜代の下人が依然として残存し,江戸時代に入っても辺境の農山村を初め,庄屋,名主(なぬし)の下で駆使され続けた下人が少なくない。ただ一般的傾向としてはしだいに解放されて年季奉公人化し,それにつれて下人という呼称もすたれ,江戸末期には下男,下女と呼ばれるようになった。明治時代以降この下男,下女は,資本主義経済の下で賃金労働者としての性格をもつようになるが,人身売買のなごりは明治以後もなお根強く残存した。…

【奉公人】より

…1842年(天保13)ころに実際に支払われていた1ヵ年の給金は,足軽は金3両より6両くらいまで,中間は金2両2分より3両くらいまで,六尺は金6両2分より12,13両くらいまで,おなじく日雇銭は,徒士は銭272文より300文,足軽は銭148文より224文,六尺は銀2匁5分くらいより10匁くらいまでであった。【北原 章男】
【農村奉公人】
 近世農村の奉公人は一般に譜代,下人,下男,下女などと呼ばれていた。その雇用関係の内容は時期により,また地方により多種多様であるが,身分関係,契約形式,労働対価支払方式,雇用期間などをメルクマールにして譜代下人,質券奉公人,居消(いげし)奉公人(押切奉公人,居腐(いぐされ)奉公人),年季奉公人(年切奉公人),出替奉公人(一季奉公人),日割(ひわり)奉公人,季節雇,日雇などの諸類型に区分される。…

※「下女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下女の関連キーワード八朔の苦餅・八朔の苦餠仲働き・中働き端た女・婢女小取り回し厨婢・廚婢今宮の心中相模下女使ひ下種濡れの幕中通り女三つ物屋ばたくさうらむき水仕奉公中使ひ怖震ふ枕草子女部屋子早いいちゃ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下女の関連情報