コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事実(読み)ジジツ

デジタル大辞泉の解説

じ‐じつ【事実】

[名]
実際に起こった事柄。現実に存在する事柄。「意外な事実が判明する」「供述を事実に照らす」「事実に反する」「事実を曲げて話す」「歴史的事実
哲学で、ある時、ある所に経験的所与として見いだされる存在または出来事。論理的必然性をもたず、他のあり方にもなりうるものとして規定される。
[副]本当に。実際に。「事実一度もその人には会っていない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じじつ【事実】

( 名 )
現実に起こり、または存在する事柄。本当のこと。
〘哲〙 時間空間内に現に存在するものとして我々に経験される出来事や存在。現実的・実在的なものとして想像・幻覚・可能性などに対し、また経験的に与えられている現象として理想・当為・価値に対する。
( 副 )
そのような物事・状態が確かに存在すると判断するさま。本当に。実際に。 「 -、私にはそれだけの余裕がない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事実の関連情報