コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅尚斎妻 みやけ しょうさいの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅尚斎妻 みやけ-しょうさいの-つま

?-? 江戸時代中期の女性。
夫が武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)の獄に幽閉された2年間,冬に暖衣をきず,夏は蚊帳(かや)をもちいなかった。裁縫や洗濯の賃金で義母と2子をやしない,夫から託された生活費20両を手つかずでかえしたという。本姓田代。名は清。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android