田代(読み)たしろ

  • でんだい
  • 姓氏

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋田県東部大館市北西部の旧町域。米代川支流の早口川,岩瀬川流域を占め,北は青森県に接する。 1956年早口町と山瀬村が合体して田代町が発足。 2005年大館市に編入。中心集落早口鷹巣盆地大館盆地頸部にあり,大部分山地で占められる。主産業は農林業秋田杉の美林地として有名で,製材地,木材集散地である。タケノコ特産。北部に田代岳 (1178m) があり,山頂近くは高山植物が多く,一帯田代岳県立自然公園に指定されている。
鹿児島県南部,錦江町南部の旧町域。大隅半島南部の肝属山地にある。 1961年町制。 2005年大根占町と合体し錦江町となる。中心地区のは江戸時代には薩摩藩集落があった地。国有林が多く,主産業は林業。ほかに畜産と,チャ (茶) ,タバコ栽培が行なわれる。雄川上流の花瀬付近は景勝地で,大隅南部県立自然公園に属する。また照葉樹原生林の豊かな稲尾岳は国の天然記念物に指定されている。
静岡県東部,函南町の東部にある集落。多賀火山西斜面に連なる断層盆地群の1つ田代盆地にある。盆地内は沖積地で,水田に利用される。 1930年の北伊豆地震によって,盆地西縁に丹那盆地と同じようにずれた断層が発生した。近くには十国峠があり,伊豆スカイラインなどが走る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 田地。田となっている土地。また、田にするための土地。でんだい。
※多度神宮寺伽藍縁起資財帳(801)延暦二〇年一一月三日「合墾田并田代捌拾町肆段参肆拾歩」
※山家集(12C後)下「たしろ見ゆる池の堤の嵩添へて湛ふる水や春の夜のため」
[補注]現在も山中の湿地について田代と呼んでいる例が少なくないから、まだ開田されていない湿地をいうか。
姓氏の一つ。
〘名〙 中世、田地をいう。水田。→たしろ
※高野本平家(13C前)三「田代(デンダイ)を育王山へ申しよせて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

田代の関連情報