三度入り(読み)サンドイリ

デジタル大辞泉の解説

さんど‐いり【三度入り】

杯に用いる普通の大きさの土器(かわらけ)。五度入り七度入りと大きさが増す。
「間(あい)の物で十ぱい、―にて十四はい、縁日にまかせて二十四はい飲うだれば」〈虎明狂・地蔵舞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんどいり【三度入り】

杯に用いる土器かわらけ。中くらいの大きさのもの。 「間の物で十はい、-で十四はい/狂言・地蔵舞」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三度入りの関連情報