三役揃い踏み(読み)サンヤクソロイブミ

デジタル大辞泉「三役揃い踏み」の解説

さんやく‐そろいぶみ〔‐そろひぶみ〕【三役×揃い踏み】

大相撲本場所千秋楽、結びの三番前に、大関関脇小結にかなう力士がそろって土俵上で四股しこを踏むこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android