コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三役揃い踏み サンヤクソロイブミ

デジタル大辞泉の解説

さんやく‐そろいぶみ〔‐そろひぶみ〕【三役×揃い踏み】

大相撲本場所千秋楽、結びの三番前に、大関関脇小結にかなう力士がそろって土俵上で四股(しこ)を踏むこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんやくそろいぶみ【三役揃い踏み】

大相撲で、本場所の千秋楽の結びの三番前に、これから取組を行う力士が土俵上に並び、そろってしこを踏むこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報