コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関脇 せきわけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関脇
せきわけ

力士の階級。三役 (さんやく) の中間位で,大関の下,小結の上位。大関のの位置の意味から起こった名。8世紀節会相撲 (せちえずもう) では,最強者の最手 (ほて) に次ぐ者を「最手脇」または「脇」と称し,今日の関脇の初めとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せき‐わき【関脇】

せきわけ」に同じ。
鳥羽の牛松前頭、―はね石松の介ずしりずしりとゆるぎ出で」〈浄・井筒業平〉

せき‐わけ【関脇】

《「せきわき」の音変化。大関の脇の意》相撲で、大関次位小結の上位。三役の一。せきわき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せきわけ【関脇】

〔「せきわき」の転。大関のわきの意〕
力士の地位で、大関の下、小結の上。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関脇の関連キーワード高砂浦五郎(2代)キム ギンソック両国梶之助(2)出羽ケ嶽 文治郎綾川五郎次(2)玉之海 代太郎出水川貞右衛門幡瀬川 邦七郎放駒長吉(1)信夫山 治貞三役揃い踏み玉椿 憲太郎玉ノ海 梅吉小野川調五郎雷電為右衛門阿武松 広生琴光喜 啓司相生 松五郎笠置山 勝一沖ツ海 福雄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関脇の関連情報