コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小結(読み)こむすび

デジタル大辞泉の解説

こ‐むすび【小結】

相撲で、関脇(せきわけ)次位三役の最下位。

こ‐ゆい〔‐ゆひ〕【小結】

折烏帽子(おりえぼし)の巾子(こじ)の下部左右に穴をあけ、髻(もとどり)に結んだ小紐(こひも)を引き出し、烏帽子が落ちないように後部で結ぶこと。
小結烏帽子」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こむすび【小結】

力士の位の一。三役の最下位。関脇の下。

こゆい【小結】

折烏帽子おりえぼし・侍烏帽子を着ける時、髻もとどりを結って先を後ろの穴から出して結び留めた組紐。
「小結烏帽子」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小結の言及

【烏帽子】より

…この侍烏帽子は武家の平服の素襖(すおう)などに用いられたが,また冑(かぶと)をかぶらぬ者などにも用いられた。侍烏帽子をかぶるには小結(こゆい)といって組緒(くみお)(あるいは紙縒(こより))2筋をもとどりにかけて結び,その余りを外に引きだして〈まねき〉にかけ,わなに結んだ。この小結のとくに長いものを長小結,また長くみともいって,若年者の烏帽子とした。…

※「小結」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小結の関連情報