三挺立(読み)さんちょうだて

精選版 日本国語大辞典の解説

さんちょう‐だて サンチャウ‥【三挺立】

〘名〙 江戸市中茶船の一種。櫓三挺を立て猪牙舟(ちょきぶね)よりやや大型の茶船の俗称。正徳三年(一七一三)二挺立とともに禁止された。三挺。
浮世草子・当世乙女織(1706)五「本庄両国橋の両むかひより、三丁立のささぶねをとばせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android