コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶船 ちゃぶね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茶船
ちゃぶね

(1) 港湾に停泊する廻船河川を航行するの乗組員,乗客を相手に飲食物を売る小船。俗にうろうろ船。特に江戸時代の淀川のくらわんか船は有名である。 (2) 猪牙船 (ちょきぶね) や荷足船 (にたりぶね) に代表されるような小人数の客や小荷物を運送する小船。 (3) 投網,ざこ,貝類とりなどの磯漁に使う小船。 (4) 利根川筋では,薪炭,木材,米穀などを運送した中型の荷船のことで,同じ川筋の高瀬船や平田船よりも小型なのが特徴。 (5) 港湾にあって沖がかりしている廻船と陸岸との間を往復して荷物を運送する船で,瀬取船,上荷船と同様のもの。江戸時代,大坂では 10石積みの小船だったが,江戸ではかなりの大型船だったように,ところにより船型,構造,大きさとも異なり,一定していない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐ぶね【茶船】

近世、江戸・大坂などの河川や港で大型廻船の貨物の運送に用いた小船。
河川や港で飲食物を売る小船。うろうろ船。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃぶね【茶船】

江戸時代の川船の一。江戸・大坂などに入港した大型廻船の貨物を河岸に積み送るのに用いた船。瀬取り船。 「上荷・-、かぎりもなく川浪に浮びしは/浮世草子・永代蔵 1」 → 上荷うわに
船に飲食物を売る小舟。うろうろ船。 「側に-を漕ぎ連れて、うどん・そば切きりり〱と押廻し/浄瑠璃・鑓の権三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

茶船の関連キーワードティーパーティー運動ボストン茶会事件煮売り船河川交通荷足り船浮世草子瀬取り船浄瑠璃房川渡瀬越し煮売船近世木下

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android