コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三文文士 サンモンブンシ

デジタル大辞泉の解説

さんもん‐ぶんし【三文文士】

安っぽい、または売れない小説ばかり書いている文士。また、文士を軽蔑していう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんもんぶんし【三文文士】

評価の低い文士。へぼ文士。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三文文士の言及

【グラッブ街】より

…18世紀の文人ジョンソン博士によると,ここに貧しい文筆業者が多く住み,生活のために雑文を書いたり,編集の仕事をしていた。そこからこの語は一般に〈三文文士〉または〈雑文(業)〉の意味を持つようになった。通りの名がミルトン街に変わった19世紀になってもこの語は通用し,小説家ギッシングは彼の作品に《当世グラッブ街New Grub Street》という題を与えた。…

※「三文文士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三文文士の関連キーワードゴールドスミス(Oliver Goldsmith)アレン(Walter Allen)ウォルター アレン当世三文文士街新三文文士街グラッブ街ギッシング

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三文文士の関連情報