コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三日天下 ミッカテンカ

デジタル大辞泉の解説

みっか‐てんか【三日天下】

明智光秀織田信長を倒して天下をとってから、わずか13日後に豊臣秀吉に滅ぼされたところから。「みっかでんか」とも》きわめて短い間だけ権力を握ること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みっかてんか【三日天下】

〔明智光秀の天下が短期間で滅んだことから〕
わずかの期間しか地位や権力を保持できないこと。三日大名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三日天下の関連キーワード「敵は本能寺にあり」ランデールミハルコフ甲申政変短期間地位

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三日天下の関連情報