コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如是我聞 にょぜがもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

如是我聞
にょぜがもん

仏教経典の冒頭の語句。 evaṃ mayā śrutaṃの訳で,「このように私はいた」の意。この場合の「私」は釈尊侍者でもあった阿難をさすと考えられている。なお古くから,是我聞の 4字を 2字ずつ分析して,教理的解釈が与えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にょぜ‐がもん【如是我聞】

仏語。このように私は聞いた、の意。典の冒頭に記される語。経典中の釈迦(しゃか)の言動を、経蔵編集者とされる阿難が聞いたことを示す言葉。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にょぜがもん【如是我聞】

〘仏〙 〔「このように私は聞いた」の意〕 経文の最初に置かれる言葉。釈迦の教えを信じ、それをかたく保つ意味を含む。仏の教えであることを示すため、釈迦が弟子の阿難に経典の冒頭に冠させたという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

如是我聞
にょぜがもん

仏教の経典では、原始経典でも大乗経典でもすべて、その冒頭に「如我聞一時仏在……(地名)」という句をもつ。その経典の内容は、仏陀(ぶっだ)がどこそこにおられたときに説かれたものを筆者(我)が確かに聞いたものだ、と示す趣意である。漢訳では「私はこのように聞いた。あるとき仏陀は某所におられた……」と読んでいるが、サンスクリット語、パーリ語、チベット語訳などでは「あるとき私はこのように聞いた。仏陀は某所におられた……」と、「一時」を上句にかけて読むこともできる。注釈家や現代の学者もその二様の読み方を認めている。[梶山雄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

如是我聞の関連キーワード閲微草堂筆記二宮翁夜話太田熊山梶山雄一経文仏語三蔵

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android