コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三日月藻 ミカヅキモ

デジタル大辞泉の解説

みかづき‐も【三日月藻】

ツヅミモ科ミカヅキモ属の緑藻の総称。約80種が知られる。淡水にみられる単細胞の藻類で、形は糸状か三日月状。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みかづきも【三日月藻】

緑藻類ホシミドロ目の淡水藻。世界に80種以上あり、湖沼・湿原などによくみられる。単細胞生活をする。体は三日月形で中央に核があり、上下対称的な形をしている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三日月藻の関連キーワード三日月形淡水藻湖沼湿原

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android