コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑藻類 りょくそうるいChlorophyta; green algae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緑藻類
りょくそうるい
Chlorophyta; green algae

色素体が多量の葉緑素を有し,緑色を呈する藻類を一括してこのように呼んだもの。最近の傾向としては緑藻植物には不等毛類を除外し (これは黄緑色藻類に入れる) ,車軸藻類,ハネモ類,接合藻類,サヤミドロ類,プラシノ藻類および真正緑藻類を入れている。真正緑藻類にはオオヒゲマワリ目,ヨツメモ目,クロロコックム目,ヒビミドロ目,アオサ目,タマモ目などが包含されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りょくそう‐るい〔リヨクサウ‐〕【緑藻類】

緑藻植物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りょくそうるい【緑藻類 green algae】

体が緑色で,光合成の主要色素としてクロロフィルabをもち,光合成によりデンプンを生産して貯蔵する緑色植物から,維管束をもつ種子植物とシダ植物,胚をもつコケ植物,多細胞の生殖器官をもつ車軸藻類を除いた残りが緑藻類である。全世界で約1万種近くが知られ,そのうち90%弱が淡水産で,10%強が海産である。少数ではあるが,スミレモやフリッチエラFritschiellaなどのように空中に露出する岩上,樹上または地上等に生育するものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緑藻類
りょくそうるい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の緑藻類の言及

【植物】より

… 細胞壁の有無は動植物の差の一つであるが,単細胞藻類には細胞壁をもたないものが多い。また,同じ細胞壁でも,陸上植物や緑藻類ではセルロースなどを基質としたものであるが,褐藻類や紅藻類ではフコイジン,ラミナリン,寒天,キチン質などでできており,簡単に同質と断じることはできない。さらに,生活環のある時期,とくに生殖細胞には細胞壁はない。…

【藻類】より

…またラン藻のネンジュモのある種のように,ソテツやツノゴケなど他の植物の組織内に生育するものもある。地衣類が,子囊菌と緑藻類またはラン藻類との共生体であることはよく知られている。緑藻類をもつ地衣類はやや緑色がかり,かたい手ざわりであるが,ラン藻類をもつものは黒色がかり,やわらかい手ざわりである。…

【淡水藻】より

…現在,地球上には約3万種の藻類が知られ,淡水藻と海産藻類がそれぞれほぼ1/2をしめる。グループとして陸水にのみ生育する藻類は車軸藻類だけで,グループ全体の80~90%またはそれ以上の種類が陸水産である藻類は,緑藻類,ミドリムシ藻類,黄金色藻類(ヒカリモ類),黄緑藻類(不等毛類)などである。これとは逆に,海に多く生育する仲間は,紅藻類,褐藻類,ハプト藻類,渦鞭毛藻類などである。…

※「緑藻類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

緑藻類の関連キーワードキッコウジュズモ(亀甲数珠藻)ランソウモドキ(藍藻比擬)サボテングサ(仙人掌草)ボタンアオサ(牡丹石蓴)ツルギミドロ(剣水泥)クワノミモ(桑の実藻)シラウオタケ(白魚茸)ヘリトリゴケ(縁取苔)ヒビミドロ(ひび水泥)ホソエガサ(細柄笠)クロキヅタ(黒木蔦)マガタマモ(勾玉藻)ヤブレグサ(破れ草)シャジクモ(車軸藻)ナガミル(長海松)ミクラステリアスチリモ(塵藻)フシナシミドロヘマトクロムミカヅキモ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緑藻類の関連情報