コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦層群 みうらそうぐんMiura group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三浦層群
みうらそうぐん
Miura group

南関東の新第三紀海成層。葉山層群を傾斜不整合に覆い,逗子泥岩層,池子凝灰質砂岩層が主体をなすが,三浦半島南部の三崎互層など逗子泥岩層の下位の海成層をも含める。東京湾を隔てた房総半島の佐久間層群,豊岡亜層群などはこれらの延長である。以上の三浦層群は中新世中期から後期の地層であるが,さらに上位の鮮新世の地層を含めることもあって,一定しない。逗子層の基底部には貝化石が多産する。葉山御用邸岬では逗子層が大きな逆転構造を示し,地質構造上特筆に値し,逗子海岸の葉山層群との傾斜不整合から,かつて大八洲造山運動(おおやしまぞうざんうんどう。→造山運動)が提唱された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

三浦層群の関連キーワード房総丘陵三浦丘陵武蔵野鷹取石